肌乾燥によるほうれい線を作らないための予防と対策

ほうれい線有る無しの顔の左右比較

ほうれい線ができてしまうと、かなり老けて見えてしまいます。原因にはいくつかありますが、その中で乾燥が原因でできてしまうほうれい線を消していくスキンケアについて紹介していきます。

乾燥によりできたほうれい線の特徴

年齢や肌質に関係なくできてしまうのが乾燥によるほうれい線の特徴です。どのようにしてできてくるかというと、まず肌が乾燥すると弾力が不足して皺ができやすくなります。

そして目の周りや口の周りのような、よく動かす部分に乾燥じわとか乾燥小じわとか言われる細かな皺ができます。

この乾燥じわというのは、実は非常に根深いものなのです。つまり皺がお肌深くまで刻まれてしまいやすいということです。

放っておくと皺はどんどん深く大きくなり、やがてはほうれい線となっていきます。

ほうれい線はファンデーションや化粧下地を駆使しても目立ってしまいますから深刻に悩んでいる方も少なくないでしょう。

そうならないためにも日頃のスキンケアはとても大切なのです。

ほうれい線は予防が大切

ほうれい線対策でもっとも効果的なのは、できる前に予防することです。一度ほうれい線にまでなってしまうと、それを無かったことにするためのスキンケアはとても大変だからです。

自宅で自分で行うスキンケアでは目立たなくしたり完全に消してしまうことは難しくなります。そうなってしまった場合にはフェイシャルエステに通ったり、美容クリニックなどでボトックスやヒアルロン酸による施術を受けなくてはならないかもしれません。

時間もお金もかかってしまいますね。ですから日頃のスキンケアが大事なのです。

お仕事や子育てで忙しくて、毎日お肌のお手入れが十分できないとか、化粧水や美容液が高くて十分に使えないなどの理由はあるかもしれませんが、いつまでも若々しくいたいという気持ちを満たすなら、効果的でリーズナブルな乾燥ケアをしていきましょう。

ほうれい線予防のためのスキンケア

十分な保湿ケア

ほうれい線の予防には保湿ケアが大切です。お肌の保水力は角質層にあるセラミド(細胞間脂質)や天然保湿因子(NMF)の量によって決まってきます。

乾燥だけでなく、加齢や紫外線が原因で、セラミドやNMFは減ってきたりダメージを受けてしまいますから、保湿効果の高い成分を使った化粧水や美容液で補ったり補修していくことが大切です。

お肌の保水力をアップするためには、うるおいを補うヒアルロン酸やセラミドやスクワランなどの保湿成分と、うるおいを保持する肌作りのためのコラーゲンなどの成分が必要です。いくら水分を与えても、それをキープできない肌状態では、あっという間に乾燥してしまいますからね。

コラーゲンドリンクを飲む女性

コラーゲンを増やすためには食事も大事です。コラーゲンの消化吸収率を高めた低分子コラーゲンを配合したサプリメントやドリンクも市販されていますから、それらを利用して体の内側と外側からスキンケアをするイメージで取り組んでいきましょう。

酵母発酵エキスVEGAL配合のスキンケアアルケミーの口コミはこちら


トライアルセットのお求めはこちら

アルケミー スキンケアトライアルセット